HOME > 青木酒店 店主

『青木酒店』。梁(はり)をうまくいかしたデザインの店内は温かい雰囲気です

ずっと店開けてたいですな これから先も 皆さんが入ってきやすいように

あおき4.jpg



店主ご自慢の看板をくぐると、鹿児島から直接仕入れためずらしい焼酎や希少価値のあるお酒が所狭しとならぶ『青木酒店』。梁(はり)をうまくいかしたデザインの店内は温かい雰囲気です。

 はじまりは昭和10年、醤油屋さんに丁稚に出ていた祖父 青木義一さんが酒店を開業されました。当時はリヤカーで配達をされていたそうです。

2代目店主 茂さん時代はオート三輪で配達。時代のながれを感じますね~。

あおき5.jpg
3代目現店主 秀夫さんが後を継がれたのが25年前、当時は大型ショップもなく、大変忙しい毎日だったとか・・・。

お酒のこと、趣味の競馬のことをとても素敵な笑顔で、イキイキとお話いただきました。 

今いちばんの押しは『純米ひやおろし』。そしてやはり美味いのは『吟醸酒』。
でもご本人が一番好きなのは『ハイボール』だそうです。

今後の展望は?

『おすすめのお酒ばかりを並べてワゴンセール、希少価値のお酒の試飲会、そして独自商品の開発がしたいですね』

あおき2.jpg

あおき3.jpg







『これから先も、ずっとこの西水口で暮らし、お店を続けていきます。お店を開けてたらだれでも入ってきやすいでしょう。私は人と話をすることが大好きなので、お酒に囲まれたこの店内で、みなさんとお話ができればええですな』

西水口商店街より独自ブランドの清酒「西のチカラ」も好評発売中です!


ページの先頭へ