HOME > 森下屋 店主

お店での気軽な食事から宴会料理、仕出し全般、お弁当まで季節に応じた旬ものを提供してくれる『森下屋』さん

100年以上代々続く老舗のお店です

もりしたや4.jpg
お話をうかがったのは、4代目 松浦秀男さん。

19歳で大阪へ丁稚に出、28歳で水口へ戻り家業へ入りました。
先代がなさってきたことを守りつつ、秀男さんのカラーをプラスして森下屋を切り盛りされてこられました。
現在は、「森下屋と言うたらこれ!!」という名物を試作中・・。地元産物を使って試行錯誤の毎日だそうです。オリジナルの名物をつくりたいな~とただ漠然と考えていたことを現在カタチにするため奮闘中。改良に改良を重ね大変な様子ですが、どことなく自信がうかがえました。
森下屋の水口名物!誕生がとっても楽しみです。
DSC_0866.JPG『今後は、現在自分が想い描いていることを一つずつ実現し、人間味のある商売をしていきたいですね。具体的にいうとお客様と近い商売。もっと会話が気楽に出来る店づくりをしていきたいです』と展望をお話くださいました。



もりしたや5.jpg
お昼時には、近所のサラリーマンや観光客のお客様でお店が賑わいます。
そんな森下屋のイチオシ!は、お寿司がセットになった『中華そば定食』。
お客様にも人気があり、よく出る一品だそうです。
おいしそうに食べてくださるお客様の姿を見るときや、おいしかったわ~と喜んで帰ってくださるとき、リピーターとして帰ってきてくださるときに、仕事をしている幸せ感を味わいますと秀男さん。それを励みに日々メニュー改善をされておられます。
宴会も大好評です。年末年始は特に込み合いますのでお早めのご予約をお待ちしています。
もりしたや3.jpg


DSC_0879.JPG

ページの先頭へ