HOME > 中村屋 店主

明治生まれのおばあちゃんから代々続く「中村屋」

店主の森口まつ江さんは81歳、でもとっても元気な現役看板娘です

中村や2.jpg

明治生まれのおばあちゃんから代々続く「中村屋」。
店主の森口まつ江さんは81歳、でもとっても元気な現役看板娘です。

最近お店を改装され清潔感あふれる店内には、雑貨や生活用品がきちんと並べられています。

昔は近所に母屋の本店「中村屋」があり、こちらは支店としてご商売をされてきました。
中村屋のはじまりは、まつ江さんが24歳で嫁がれるよりも以前から、おばあちゃんを中心に漢方薬の量り売りや下駄の鼻の緒を据えたりなさっていたそうです。
当時はまだ着物を着ていた時代、家とお店を切り盛りされてきました。

中村屋4.jpg

戦後、炭・まめたん・コークス、現在の元となる荒もん・雑貨・タバコを取り扱うようになって、ずっとこの地でお店を守られています。

『近くにコンビニやスーパーがあっても、タバコを買いに来てくれる方がいるちゅうのがほんとうに有り難い!』とまつ江さんはうれしそうにお話しくださいました。
昔からのお客さんや取引していただいてる企業さん、お店を残してくれた両親に感謝しつつ、動けるまでこの『中村屋』を守っていきますと今後についてもお話いただきました。

以前のように活気あふれる西水口商店街になるよう、まつ江さんのお力を貸してくださいね.

中村屋3.jpg中村屋1.jpg

ページの先頭へ